マイタケエキス、マイタケdフラクションや舞茸のサプリメント● TOPに戻る  

舞茸はアルコール性・ウイルス性の<肝炎>を改善〜♪

スポンサーリンク

           

●アルコール性肝炎の改善に〜♪

もっとも一般的な肝臓疾患として、アル コール性肝炎があります。
お酒の飲みすぎで過剰に摂り込まれたア ルコールが、
肝臓の細胞にダメージを与え て炎症を引き起こす症状ですが、
放ってお くと肝硬変、肝癌ヘと進行する危険性も 高いため、
初期の段階で解消しておくこと が大切ですね......。

舞茸には、このアルコール性肝炎に対す る有効性が報告されています。
舞茸の< 消炎作用 >が、アルコールに よって障害されている部位の炎症を鎮め、
さらに有効成分<テルペン>が、ダメージ を受けた細胞機能の活性化を促して、
肝炎 の解消に役立ちます。

●脂肪の代謝を促して「脂肪肝」を解消〜♪

アルコールの過剰摂取は、脂肪肝の促進 因子にもなります。
脂肪肝とは、継続的な高脂肪食やアル コール摂取で、肝臓の脂肪燃焼機能が低下 し、
肝臓に脂肪がどんどんたまってしまう 病気ですね.....。

悪化すると肝臓の<解毒作用>が大幅に 弱まり、有害物質の侵入を阻止しきれなく なって、
最悪の場合、静脈が破裂し、死亡 するケースもでてきます。

脂肪肝に対する舞茸の有効性を報 告されています。

それによれば、
脂肪肝ラットに舞茸を与 えて飼育したところ、有害物質(大腸内の 有害菌がつくりだす
毒素を注射しても、 静脈の破裂は起こらず、死亡するラットも いなかつたといいます。

舞茸の作用で血液循環が高まり、細胞の 働きが活性化されたことで、
脂肪の燃焼機 能が促進され、脂肪肝の解消につながった ものと思われますね...。

●ウィルス性肝炎に対する臨床報告〜♪

ウイルス 性肝炎に対する舞茸の有効性について、以 下のような臨床報告がされています。

《臨床内容》
遷延性(遅延性)慢性肝炎の患者27人 と、
活動性慢性肝炎の患者37人に対し て、舞茸のシロップを3ヶ月間投与し、
そ の治療効果を対照群と比較しています。
な お、対照群にはイミダゾールという化学薬 品を投与しています。
《結果》
3ヶ月後に肝臓の状態を調べた結果があります。
対照群にくらべて舞茸を 投与した患者では、著効率がかなり高く なっています。
残念ながら、有効率については両群にそ れほど差がみられず、
GPTTや硫酸亜鉛混 濁試験<Z・T・T>といった肝機能の状態 をしめす検査値も、ほとんど違いはみられ ませんでした。

しかしそれにも関わらず
< 舞茸を投与し た患者は、自覚症状の改善が顕著であつ た >
と報告している点が注目されます。
症状別の自覚症状の改善率は、次のように なっています。

・肝臓周辺の痛が緩解・・・97.2%
・脱力感の軽減・・・・・・90.7%
・食欲改善・・・・・・・・91.7%
・肝臓の腫れが縮小・・・・87.8%

と言う結果なんですね.....。

 




舞茸は免疫力を高めて<癌>を撃退〜♪ 舞茸は、脳卒中・心筋梗塞の予防に最適〜♪ ▲  UP  ▲
Copyright ami21 .All Rights Reserved.    .

葬儀費用が安い戒名と終活

箕面市障がい者市民の会 | 母子家庭 :協力

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マイタケdフラクションやマイタケエキス、舞茸エキスのサプリメント

******

inserted by FC2 system